イギリスの思い出

数年前、学生の時にボランティア活動のために2週間ほどイギリスに滞在しました。
行くなら今しかない、と思ったからです。

キャンプ運営の手伝いで、2週間の内1週間はテントでの生活となりました。残りの1週間はホームステイをしたり、ユースホテルを利用したりして過ごしました。

イギリスで過ごして驚いたことは数えきれないほどありますが、到着して最初に感じたのは天候の違いでした。
当然ながら日本よりも北側にある国であるため気温も低く、真夏でも上着を羽織らなければ過ごせないほどでした。

また、ロンドンでは霧の街というだけありどんよりとした曇り空と霧で遠くの景色がかすんで見えたことが印象に残っています。私が服を着られるだけ着て震えている横で、イギリスの人が「今日は暑い」と言いながらTシャツ一枚でいる姿も衝撃的過ぎて未だにはっきりと覚えています。

その次に驚いたのが食事のことです。
キャンプでの食事でも、ホームステイの食事でも、また、観光地で入ったレストランでも、全くと言っていいほど野菜が出てこないのでびっくりしてしまいました。

さらに言うと生野菜などは数えるほどしか食べられませんでしたし、野菜と言えば料理の付け合せに出てくるゆでた味のない野菜くらいでした。

反対に毎食出てきたのがじゃがいもで、マッシュポテトにチップにと手を変え品を変え食卓に登場していました。
現地でガイドをしてくれたイギリスの友人は「日本人は米が主食でしょ?私たちはポテトが主食なのよ!」と笑っていました。

現地でレタスが出た時は日本から来た友人たちと「生き返るね~」と言いながらレタスばかり食べてイギリスの人たちに笑われたのは今となっては良い思い出になりました。

また、イギリスで数日過ごしてからやっと気づいて呆然としたことがひとつあります。
水のことです。
日本の水道水は軟水であるのに対し、イギリスの水は硬水だからという理由からなのか、イギリスでシャワーを浴びていると異常に抜け毛が出るので帰るころには髪が薄くなっているのではないかと密かにドキドキしていました。
ただ、友人は平気だという人と抜け毛が増えたいう人がいたので個人差があるようです。

驚いたこともたくさんありましたが、何より覚えているのはアフターヌーンティーのことです。

あれほど楽しく、おいしく紅茶とスコーンを食べたのは初めてですし、今でもあのお茶会を超えるお茶会には未だ出会わないでいます。

現地の人にお茶の入れ方や道具の使い方、おいしいスコーンの食べ方を教わりながら、過ごした時間はイギリス滞在の中で一番の思い出です。

衝動買いにはクレジットカード

私はジュエリーが大好きです。自分の指輪やネックレスやピアスなどを公開しているブログも書いています。もう4年ほどになります。

OLのころに、父に初めて成人式のお祝いでダイヤモンドのネックレスを買ってもらってからというもの、すっかりジュエリーが好きになっていきました。

自分で初めて買ったのは、ルビーとダイヤモンドのついた18金の指輪でした。 そのころは、ダイヤモンドのグレードとか全く知りませんでした。

でも、自分が仕事で頑張っているという理由をつけて、指輪を買うことが多かったです。独身のころは18金のファッションリングを沢山買いましたね。

ネックレスはなぜか父が通販などで購入してくれることがありました。 でもネックレスのほとんどが現在は残っていません。すべて切れてしまったからです。私が持っているのは指輪とピアスの方が多いです。

でも18金のピアスも半分ほど紛失しました。片方だけのピアスが多いです。そう考えたら、なんか勿体ないですね。。。 でもジュエリーって次から次へと買ってしまうんですよね。

この4月から消費税が上がるという事もあったので、増税前の3月に、私はかなり沢山のジュエリーを買いました。 指輪とピアスで、結構な金額分買ってしまいましたよ。

お金が無くて、ちょっとレディースローンでお金を借りる事にしたんですが、増税後の事を考えたら無理してでも購入しておいた方が確実にお得ですからね。

今回は一番好きなブランドの公式サイトから指輪を数点買いました。 あと、その後に誕生日もあったので、楽天のジュエリーサイトからネックレスとピアスとダイヤの入った指輪も買ってしまいました。

今部屋には、ちょっとしたショップが経営出来るぐらいのジュエリーがありますよ(*^▽^*)ちょっと買いすぎてしまいましたかね。。。

私は衝動買いが多いタイプなので、いつも買うのは急。お金の持ち合わせがない時に限って、即日発行できるクレジットカードの勧誘が(笑)クレジットカードを作ってそっこー買い物です。まあポイントも付くから良いんですけどね。

即日発行可能なクレジットカード※今日中に手に入るカードは?

処理しにくい部分は脱毛するしかない

ムダ毛は全身に生えています。
ですから自分では見えにくい部分のムダ毛はどうしても疎かになってしまいます。

例えば、背中です。
自分の背中を見る機会はあまりないと思います。
背中が開いているドレスを着用して、後ろから写真でも撮らない限り、チェックをすることは難しいでしょう。

自分の背中にムダ毛が生えているなんて、想像したこともない人がいると思います。
でも実際には産毛がびっしり生えていて、背中が黒く見えてしまうということもあります。

そんな背中のムダ毛を処理したいと思っていても、手が届きません。
手が届かないからムダ毛の処理を行うことができなくて、そのまま放置されてしまうということになります。

背中だけではありません。
デリケートゾーンのムダ毛も見えにくいので、お手入れをしていないという人も多いでしょう。
しっかりとムダ毛の処理をしなければ、衛生面でもトラブルが生じてしまうことがあります。

自己処理をしようとしても、デリケートな部分なのでお肌に傷がついてしまっては大変です。
それが中々処理に踏み切れない原因だと思います。

腕や足は自分でもムダ毛の状態をチェックすることができるので、処理は行いやすいです。
でも処理をしてもすぐに生えてきてしまうような気がして、頻繁にカミソリを使って処理をしています。
そうすると、お肌にダメージが加わってしまうと思うのです。

結局、お肌もカサカサしているような感じですし、潤いが足りなくなっています。
特に乾燥する冬はムダ毛の処理をすると、より乾燥が悪化をしてしまうような気がします。

ボディーバターを使って保湿はしているのですが、それでも中々解消をさせることができないので、お肌にダメージが加わったままになっています。
お肌の状態も改善させたいです。

もし脱毛に通うなら…地元の八千代市には有名なサロンがなさそうなんで、津田沼か船橋まで通うことになりそうです。通ってでも肌がきれいになるんなら価値はありそうです。(※脱毛八千代市

 

 

脇の脱毛をしたい本当の理由

ここ1か月あたり脇の脱毛をしたいと思っています。20代後半から30代にかけて気になることは10代のように脇の毛が増え続けることは少なくなりました。

しかし他の部位はどんどん生えてくるところもあり、あべこべを感じて困っています。今は特に脇の毛で困っています。脇の毛が一番気になっているのは、肌にあたるちくちくしている不愉快な気持ちです。

ただいつもちくちく当たるだけでならいいのですが、最近また肌が弱くなり毛がちくちくしている加減で湿疹が脇によく出来ます。

しかも10代の頃は脇に湿疹が出来てもすぐ治ったのに歳のせいか湿疹の治りが遅くて困っています。湿疹の治りが遅いとどうなるかというと湿疹が治らないうちに次の湿疹が出来てしまうことです。

少々見栄えも悪くて恥ずかしいです。

では逆に自分で脇の毛を処理しようと考えたとします。いくつか問題が起こってしまいます。問題はまず湿疹が出来ているからあまり刺激を入れることや剃刀で処理が出来ないことです。

もう1つの問題は毛を切りすぎると毛がよりちくちくして刺激性を与えてしまうという心配です。だから今でもあまり剃らずに残してあります。これを上手にやってくれるところがあるといいなと思っています。

やはり毛があることや湿疹があることでインナーを着たり、水着を着ようと思ったとき恥ずかしいです。

私が恥ずかしいと思うときは女性更衣室などへ入ったときは他の女性の脇も見えるのですが、私自身の脇を他人に見られるのが恥ずかしいということです。

胸やお尻は自信があっても脇や湿疹に関して自信がないです。だから脱毛したいし、きれいになりたい気持ちがたくさんなります。

いくら同性でもやはり脇を見られるのは恥ずかしいです。不格好な姿や湿疹があると指摘される可能性もあるからです。

医療脱毛は痛いと聞くし脱毛エステも痛いときもあるということを聞くと心配でたまりません。今は脇の脱毛を肌とあわせてやってくれるところを探しています。

調べてみたところ、ここのエステサロンが良さそうでした。<青森で脱毛するなら

近いうち行ってみようと思ってます。